彼女と喧嘩しない方法

彼女と喧嘩しない方法

付き合いが長くなってくると、相手のささいな言動が気に障り、いろいろなことに苛々としてしまうものです。デートの度に喧嘩をしている、というカップルも少なくはないでしょう。関係を長続きさせたいならば、つまらない喧嘩を避ける努力は必ず必要です。

自分が悪い、という意識

喧嘩は、どちらかが折れなければ絶対に収束しません。議論をぶつけあって和解できるのならば、最初から喧嘩になどならないはずです。男ならば、喧嘩のときには、ある程度以上自分の意見を述べた後は、きちんと折れてあげることが必要です。喧嘩両成敗、という原則もあります。喧嘩になったときは、必ず自分も原因の一部であると自覚しましょう。

女性は必ずしもあなたの言動に対して怒っているのではありません。喧嘩になってもなかなか意見を引き下げてくれないあなたの非寛容さに怒りを膨らませていくわけです。彼女の機嫌を徹底的に損ねる前に、「俺が悪かった、ごめんね」と謝ればそれでOKです。表面的な台詞でも、そういえば彼女も気勢を削がれて、「私も悪かった」と言ってくれます。

言動に注意する!

もちろん喧嘩は起こさないに越したことはありません。だから、日々の接し方にもきちんと注意を払わなければなりません。たとえば彼女のことを「おまえ」などと乱暴な呼び方で呼ぶ。その場は取り繕ってさりげなく応じてくれても、そんな風にぞんざいに扱われたという記憶は彼女の中に蓄積して、いつか激しい怒りとなって表出してきます。

ささいな苛立ちを溜め込ませないために、もう一つ注意すべきことがあります。それが彼女の関係者への接し方です。たとえば彼女の両親に挨拶もできない、彼女の友達を悪く言う、そういう男性を「この人は信頼できる」と思う人はいません。彼女によく思われるためには、彼女という存在を支えている関係者にもきちんと礼を尽くす必要があります。

喧嘩はまだマシ

どれだけ気をつけていても、どうしても喧嘩を避けられないシーンもあります。しかし喧嘩というのは、決してネガティブな意味を持つばかりではありません。怒ることはとても体力を使うことです。あなたに何かを期待しているからこそ、体力を使ってでも彼女は怒るわけです。本当に失望した相手とは女性は口もきいてくれません。喧嘩はまだマシだ、という大きな心を持てれば、怒っている恋人に対しても、寛容な態度が示せるはずです。

人気の記事

  1. 好きな彼氏に嫉妬してもらうことは、女として嬉しいもの。ただし、あまりにあからさまだったり、やりすぎて…
  2. 温泉の街としても知られる大分県は、とても風光明媚な土地です。町全体が香ばしい硫黄の匂いに包まれており…
  3. 頭が良くて、クールな女性と付き合いたい。男性ならば誰しもそんなことを考えたことがあるのではないでしょ…
PAGE TOP