男性上司を落とす方法

職場の男性上司を好きになり、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?立場的にアプローチが難しいのはもちろんのこと、彼のキャラによっては「とても無理!」と思ってしまう女性もいると思います。ただし普段のオフィスを離れた飲み会や慰安旅行などで、一気に距離が縮まるケースもあるようですよ。

職場では「仕事のできる癒し系」を目指そう

まずは最低限の好意をもってもらうためにも、仕事には責任感をもってしっかりと取り組みましょう。大好きな彼の片腕となれるよう、良い仕事をしたいものです。かといって仕事の鬼のような女性になるのではなく、適度な「ほんわか感」もとても大事。下の名前で呼ばれただけで「それセクハラです!」、お茶を頼まれただけで「それもセクハラっていうんですよ!」と目くじら立てる女性に、異性として好感を持つ人は少ないでしょう。

きっちり仕事はできて優秀なのに、周りを癒せるなごやかさがあり、細かい気づかいができる、そんな女性なら上司も一目置き、好意を感じるはずです。

イベントでうまく近づこう

職場恋愛の大チャンスは、イベント。たとえば忘年会などの飲み会や、泊りがけで行く社員旅行など。とくに旅行時に特別な関係になり始めるカップルは多いようです。普段は仕事の話しかしない間柄でも、この時ばかりは無礼講。といってもだらしなく羽目を外していいわけではなく、どんなにお酒が入っていても理性と女性らしさは忘れずに。なるべく彼の近くに座って、楽しく色々な話をしたいところです。

とくに彼と共通の趣味があって、その話で盛り上がることができたら一気に関係は近づきます。人には、相手に自分との共通点を見つけると親近感と好意を感じる「ホモフィリー」という性質があります。これに沿って近づくのが、もっとも確実かもしれません。もちろん、普段から素敵な女性でいればいるほど、イベント時に男性が近づいてくる可能性が大きくなります。

罪悪感をもたせないために

しかし彼の立場や人格によっては、部下の女性に手を出すことは罪悪感があり、興味はあってもなかなか一歩が踏み出せないことも。しかし「大義名分」を与えることで、彼の罪悪感は薄まるでしょう。

そのためには、あなたから「特別な好意」をこっそり伝えることも大切です。たとえば気づいた時に彼の好きなコーヒーを入れて「お疲れさまです♪」と笑顔で言う。追加の仕事を頼まれたら、冗談っぽく「○○さんのためならがんばろうかな」と言ってみる。残業時にねぎらう、など。なるべく人目につかず、目立たないように好意を伝えましょう。くれぐれも常識の範囲から逸脱しないよう、礼節をわきまえた上でおこなうことが重要です。

いくら冷静な彼でも、自分に向けられた特別な親切や、圧倒的な魅力、楽しさの前では素直に恋に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

人気の記事

  1. 女性にも性欲がある以上、ムラムラしてしまう夜もあるもの。そんな時、彼に面と向かって「してよ!」とせが…
  2. 一昔前と比べて、束縛の激しい彼氏が増えているようです。以前までなら「嫉妬は男にとって恥、カッコ悪い!…
  3. お見合いパーティーでの男性の身だしなみ
    婚活サイトや結婚相談所の中には、異性を紹介するだけでなく、お見合いパーティーを開いてくれるところもあ…
PAGE TOP