別れてもいい友達関係を保つ方法

彼氏と、できれば別れても友情は残したい、そんなふうに思っている女性も多いようです。一度恋人同士として付き合った2人が、良い友達同士になれるケースはそれほど多くはありませんが、まったくないかといったらそれはNO。しかしそのためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

別れが修羅場にならないこと。

恋の終わりに、さんざん追いすがり、ストーカー化してしまうと、友情はおろか「二度と顔も見たくない」相手となってしまいます。たとえ傷つけあった時があっても、関係を修復不可能なまでに壊してしまわないことが、友情を残すための最低条件といえるでしょう。

中には、お互いに徐々に連絡をとらなくなり「フェードアウト」したカップルが、しばらく経ってから友達として復活するパターンもあるようです。それも「ムダに傷つけあわずに別れたから」だと推測されます。

どんな別れ方にせよ、恋が友情へと昇華するためには、別れてすぐではなく、ある程度の時間が流れてからのことが多いのではないでしょうか?

お互いのことを知り尽くしていること。

恋愛が終わった後も友情の続く2人は、どちらかといえば「友達」というより「戦友」といったほうが正しいかもしれません。愛し合い、ケンカし、自分の醜い部分までさらけ出すような「濃い」付き合いのあったカップルは、運が良ければ最高にお互いを理解しあえる友達になれるでしょう。

逆に、短期間で、大した思い出もない付き合いだった場合、友情を残すのは難しそうです。やはり「一度は、とことんまで深く関わった相手」であることが大切かもしれませんね。

どちらにも新しいパートナーがいること。

そして重要なのが、お互いに新しい恋愛を始めている、もしくはすでに結婚していること。そうじゃないと、どうしても「元カレ」「元カノ」に特別な感情を抱いてしまうことになります。純粋な友情を残すのならば、相手のことは恋愛対象外になっていなくてはいけません。

もしかしたら数十年後、お互いパートナーに先立たれて寂しい独り身となった時に、ともに生きていく可能性はあるかもしれませんが、少なくともしばらくは「ただの友達」でいられること。どちらかに未練があると、苦しい友情関係になってしまうでしょう。

大好きな彼氏にフラれ、完全に離れるのが寂しくて「せめて友達でいいから!」と願ってしまう女性も多いのですが、その気持ちのままでは本当の友情を残すのは難しいかもしれません。やはり一度離れた後に、めぐり合わせでやってくるのが、元カレとの友情といえそうです。

人気の記事

  1. 気になる男性に彼女がいるか聞き出す方法
    「気になる男性がいるんだけど、もしかしたら彼女がいるのかも」と、一人もんもんとしている女性は多いでし…
  2. 旦那子育て
    家事に育児に、人によっては仕事もプラス。「私ばっかり大変な目にあっている!」とキレそうになっているマ…
  3. 彼氏がほしいのに、昔から人見知りがはげしくて、なかなか男性と打ち解けられない…そんな悩みを持つ女子も…
PAGE TOP