セクシーな女性になる方法

「色気のある女性になりたい」と願う女性は多いようです。色気やセクシーさについて研究したり、悩んだりする女性の多くはどちらかといえば生真面目。実はそんな切羽つまった感じこそが、色気から離れてしまう原因かもしれませんよ。
もっと肩の力を抜いてラクになり「いい加減さ」を身につけてみることも大切です。

エロいとセクシーは違うことを心得よう

そもそもセクシーとか色気というと「分かった!じゃあファッションからね!」と、いきなり露出度の高いお洋服を選んでしまう女性も。しかしエロいとセクシーとはまったく異なります。露出系のファッションをすると「おお!セクシー!」と喜ぶ男性もいるため、勘違いしやすいのですが、ダイレクトに視覚からくるセクシーさは、安易すぎるがゆえに「エロい」と同じ意味になります。

セクシーさは、むしろ「秘められたもの」に近いでしょう。浴衣の女性は色気があると評する男性が多いのですが、浴衣は決して露出系ではありません。アップにした髪からのぞくうなじや、美しい立ち居振る舞いから彼らは色気を感じています。
決してエロテロリストにならないように気をつけましょう。

色気とは「抱けそう」と同義であることを知ろう

男性にとって、セクシーとか色気というのは、とどのつまり「がんばったら抱けそう」という意味だったりします。たとえばどんなに美人で艶っぽい女性でも、バリバリのキャリアウーマンで、仕事の話しかしない、しかも他人に厳しい女性なら、多くの男性は「彼女はセクシーだ」とは言わないでしょう。つまり、抱けそうにないからです。

やはり隙が必要です。ガチガチに防御していて「男はお断り!」というムードを醸し出していては、色気も何もありません。かといって露出の高いお洋服でくねくね歩いている女性は「簡単に抱けそう」となってしまうため、前出の「エロい」止まりになってしまいます。
「口説いて、努力すれば抱けそう」なラインが、セクシーです。

完璧主義をやめよう

マジメすぎる女性、すぐに思いつめる女性もセクシーとはかけ離れてしまいます。男性は重たい女性が苦手なもの。そのどんよりとした空気は男性に伝わってしまい、居心地を悪くさせ、「彼女に関わったらいけない!」と本能的に察知してしまうようです。

ある程度の「抜け」や「いい加減さ」があったほうが、女性の色気は出ます。「今日はこれができなかったけど…ま、いっか」「悩みはあるけど…明日考えよう」くらいの適当さ加減があったほうが、男性にとって魅力的。細かいことをいちいち気にしたり、何でも完璧に片づけようと思う女性は、ぜひ力を抜くことを覚えましょう。まさに「水清ければ魚棲まず」です。

つまりは、色気なんて研究したりせず、ほんわかといることこそが、セクシーな女になるために必要なことといえるでしょう。

人気の記事

  1. Sな女性の尻に敷かれたい…そう考えている男性もかなり多いことだろうと思います。男性が草食化し、女性が…
  2. 「S・A・G・A 佐賀~!」のフレーズで有名な佐賀県は、九州地方ではあまり目立つことがない土地です。…
  3. B型女性を落とす方法
    B型女性に恋をしている、でも彼女の落とし方がわからない。そんな悩みを抱えている人も多いのではないでし…
PAGE TOP