失恋から立ち直るための方法

失恋の痛みは、人生で味わう何よりも辛いものです。特に若い人で、恋愛以外に没頭できる対象を持たない場合、ときに失恋は致命的なほど心をむしばみます。この痛みから立ち直るためには、とにかく「時間をかけること」これが大切です。何事にも早道というのはありません。下のようなことを考えて、この辛い時間に耐えてみましょう。

痛みの正体は…

心理学的には、失恋の痛みの正体とは、その人の存在を心に刻み込むための過程だと言います。別れても彼/彼女のことを覚えていられるように、精神は心の中を工事してかつて恋人だった人の居場所を作る、とのこと。言われてみればそんな気がしませんか?

この痛みはあの人を忘れないためにあるんだ、と思えば、痛みにも耐えられるはずです。恋人が隣にいなくなっても、一緒に過ごした思い出は決して消えることがありません。

よく思い出してみれば…

辛いときには、基本的に無理に明るくしようとしても意味がありません。だからそういうときには、ただ淡々とこれまでの思い出を振り返ってみましょう。きっと思い出すことは楽しかった時間のことばかりだと思います。それをなぜ悲しむ必要があるのでしょうか?

今は確かに心が打ちのめされているかもしれません。しかしよく考えれば、恋人と過ごした時間と言うのは、とても素敵なものばかりのはず。そんな楽しい思い出を辛く思うのはとても矛盾したことです。何も悲しむ必要はない、そのことに気づいてください。

外に出よう、という意識を持つ

失恋をすると、誰もが意欲をなくします。どこかに遊びにいくつもりが湧いてこなくなり家に閉じこもりがちになります。当たり前のことですが、部屋の中でじっと考え事をしていても、誰かと出会えるはずがありません。苦し紛れに出会い系サイトなどに手を出しても、むなしい気持ちになるだけです。むずかしくても、外に出る、という意識を持ちましょう。世界にはたくさんの数の男女がいます。素敵な出会いは、外にしかありません。

恋人を失うということは、人生でもっとも大きなものの1つです。しかし、相手が死んだわけではありません。いつかまた普通に会って、当時のことを懐かしむこともできるはずです。時間がかかってもかまいません。自分を前向きな意識に切り替えていきましょう。

人気の記事

  1. スポーツを始めよう、と思っている男性もたくさんいることでしょう。確かに運動をすることは細胞を内側から…
  2. 束縛する彼女を説得する方法
    束縛がきつい女性と付き合って困っている、という男性もたくさんいると思います。自由な行動を制限されるこ…
  3. 出会いの場として、今も昔も変わらず一定の人気を保っているのが合コン。しかし男女の出会いを前提としてい…
PAGE TOP