メールで女性を落とす方法

メールは現代の文通です。いくら科学が発達したからといっても、人間の温かみがこもったメールを打てるのは、やはり人間だけです。文字を打つことは決して楽なことではありません。自分の気持ちを整理して文面を作っていると、そこには必ず感情が宿ることになります。時間をかけて作られたメールは、まさに「手紙」と変わりません。一通一通相手に手紙を送るつもりで、以下のような戦略を取り入れながらメールをしましょう。

タイミングと頻度について

メールを送るタイミングは、彼女の迷惑にならない時間を選んでください。たとえば仕事をしている女性に昼間からメールを送るのは、どう考えても邪魔です。学生ならばまだしも、社会に出ている女性とメールをする場合は、彼女の生活パターンを読んで送る必要があります。すべての用事が済んで、少しまったりと過ごしているくらいの時間を狙いましょう。たとえばOLならば、大体18時頃からは暇で誰かのメールを待っているはずです。

頻度については、これも彼女の性格を考えることが大切。寂しがり屋なところがある人には毎日送ってもOK。短文など、レスが悪い人には3日に1回程度にしておきましょう。

メールの文体は相手に合わせる

メールを作るときには、絵文字なども当然入れていくことになります。しかし過度に飾ったメールは「女々しい」と取られることもありますから注意が必要です。平均的な絵文字の数は一通で2個程度まででしょうが、これは参考とする程度にしておきましょう。相手の文体をよく見て、使われている記号・絵文字・顔文字の数を分析し、それに合わせて自分もメールを作りましょう。改行のタイミングなども真似てOKです。

シリアスな内容はNO

いくら「手紙」とはいえ、メールにシリアスな内容をつづってはいけません。メールの返信というのは、基本的にかなり体力を使う行為です。そこに、反応に困るような重い内容が込められていると、相手も疲れてしまいます。メールではさりげない世間話をする程度にしておきましょう。心を込めれば、そんな話題でも十分に盛り上がることができます。

どれだけ容姿が良くても、メールが下手な男性と長期的な付き合いをしたいと思う女性はいません。メールには、心の状態が出ます。容姿ではなく、性格が自慢なあなたにアピールのチャンス。うまくメールを作って、素敵な文章を彼女に送りましょう。

人気の記事

  1. 法隆寺など、歴史ある建造物で世界的にも有名な奈良県は、同時にとても自然が豊かな土地でもあります。町を…
  2. 最近では、女性からのプロポーズで結婚するカップルも普通になりました。しかしその後の結婚生活で末永く愛…
  3. 滋賀県は近畿地方にある県の1つで、日本でもっとも大きな湖「琵琶湖」を持つことで知られています。特にブ…
PAGE TOP