女性が喜ぶスキンシップの方法

スキンシップというのは、なかなか難しいものです。少し間違えればセクハラにもなってしまいますから、注意が必要。うまく女性に自分をアピールしたいけど、なかなかスキンシップとまではいかない…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? しかし上手にスキンシップ=軽度の肉体的な接触を持てば、女性との仲をより一層深められることは間違いありません。技巧を凝らして、いやらしくならない程度に彼女に触れましょう。

ゴミを取ってあげる

服の上についた小さなゴミを取ってあげるというのも、なかなか女性をドキドキとさせるようです。特に彼女が黒い服を着ているときは、白い塵などがよく目立つはず。いきなり前から手を伸ばすと相手もびっくりしてしまいますから、背中のゴミをちょんと摘んであげてください。「あっ、ゴミついてるよ」の一言も忘れてはいけませんよ。

もしゴミがついていなくても、取るフリをすればいいんです。某タレントさんは、あらかじめ小さな繊維の塊を用意しておいて、さも付着したいたかのように取ってあげるのだとか。それくらいの戦略は試してみてもいいかもしれません。

軽いツッコミを入れる

彼女が何かとぼけたことを言ったときに、軽いツッコミを入れる意味で腕や肩などをポンと叩いてみましょう。それも十分なスキンシップになります。当然これも触る場所には充分に気を付けなければいけません。お尻や胸を触れば、それはセクハラと変わりません。微妙なラインでもありますが、腰もやめておいた方がいいでしょう。性的なことをあまり感じさせないところ狙って、あくまで軽く触ることが大事です。

枝毛を見つける

女性は髪の毛に触れられると、心が揺れてしまうそうです。しかし女性の命ともいえるこの場所を触ることは、なかなか簡単ではありません。そこで使うのが「枝毛作戦」です。近い位置に座っているときに「枝毛あるよ」と言ってすっと髪に手を伸ばしてしまいましょう。恥ずかしがって、「やだ」と言って頭を振り払ったときは、ニッコリと笑ってポンと頭を叩いてあげましょう。この頭へのソフトタッチも、女性がドキッとするポイントです。

いかがでしょうか? 女性に触れる機会を作るのは、意外にも簡単なものです。できるだけ自然なそぶりで、相手の体に手を伸ばしてみましょう。

人気の記事

  1. 女性のちょっとした仕草で、男性はドキッとするもの。とくに男性にはない「しなやかさ」や「優美さ」がキー…
  2. 前に付き合っていた彼女を忘れられない、そういう男性はとても多いのではないでしょうか? いくら完全に振…
  3. 好きな彼氏に嫉妬してもらうことは、女として嬉しいもの。ただし、あまりにあからさまだったり、やりすぎて…
PAGE TOP