男性にプロポーズさせる方法

最近では、女性からのプロポーズで結婚するカップルも普通になりました。しかしその後の結婚生活で末永く愛されたいならば、できることなら男性から望まれて「結婚してください」と言われたほうが良いでしょう。彼からプロポーズしてもらうためには、駆け引きすることも重要です。

同棲や毎日のデートはNG

彼と早く結婚したいなら、どんなに誘われても同棲は断ることをオススメします。なぜなら、結婚していないうちからいっしょに暮らしてしまうと、籍を入れる必要がなくなってしまうためです。実際に同棲から結婚へとつながったカップルを見ると、かなり長い年月が経過していることも多いもの。基本的には「結婚しないといっしょに暮らせない」ことを分かってもらうほうが確実でしょう。

同じく、毎日のように会うことも避けたほうが良さそうです。週に何度もデートしてしまうと新鮮味がなくなり、彼をおなかいっぱいにさせてしまいます。「彼女を完全に手に入れるためには結婚しかない!」と思わせることが、早めのプロポーズにつながります。

居心地の良さをアピールする

男性が「付き合うのはいいけど、結婚はちょっと…」と思う女性は、たいてい居心地が良くありません。ケンカが多かったり、しょっちゅうダメ出しをしたり。彼は結婚後の生活を無意識に想像して、「彼女の待つ家に帰りたくないかも」と思います。

結婚にもっとも大切なのは、居心地の良さといっても過言ではないでしょう。恋愛だけなら、いくらでも小悪魔になってOKですが、結婚となるとむしろ天使のほうが好まれます。さらにお金の使い方が荒かったり、部屋の整頓ができなかったりと、結婚後の苦労がしのばれるような女性も当然NGです。

もうこれ以上待てない時は、フェードアウトする

どんなに居心地良く付き合っていても、なかなか煮え切らない彼の場合、「年齢的にももうこれが限界」というところまできたら、彼の前から徐々に姿を消す準備を始めましょう。連絡も少しずつ少な目にし、会う回数も少しずつ減らしていきます。怒るわけでもなく、淡々と冷静にフェードアウトしていくのが大切です。

不審に思った彼が理由を聞いてきたら、「実はお見合いを考えている」「年齢的にも親が心配しているから、結婚相手を探そうと思っている」など、結婚の意思をハッキリ伝えます。彼にとってあなたが本当に大事な存在なら「俺と結婚しよう!」と言ってくるでしょう。リスクの高い方法かもしれませんが、ここで「そっか、じゃあ仕方ないね」と言う男性をいくら待ったところで、結婚の望みは薄いでしょう。

彼にプロポーズしてほしいなら、「完全に手に入らない」「居心地よく過ごす」「それでもダメなら消えていく」の3つをぜひ実践してみてください。

人気の記事

  1. カップルのあいだには、喧嘩がつきものです。しかし「恋愛ってこういうもんだ」と開き直っていては、恋は決…
  2. 遠距離恋愛
    今ではネットを通した出会いも普通になってきましたので、遠距離恋愛のカップルはますます増えているのでは…
  3. 山梨県は、ある意味日本で最も有名な県であると言えるでしょう。そう、世界に名だたる名山「富士山」を擁す…
PAGE TOP