Sな男性に好かれる方法

ちょっと上から目線で、エラそうなS男性。そんな彼に選ばれるためには、何と言ってもMになってしまうのが一番といえます。S同士は引き合いませんので、くれぐれも「強い女」にならないよう気をつけましょう。

趣味はアウトドアよりインドアを

Sな男性が好む女性像としては、趣味では読書や音楽鑑賞、物を書くなどの文化的なものが挙げられます。どうも、外でバリバリ波に乗ってます!冬はスノボしてます!というアウトドア派な女性には惹かれない人が多いようです。

基本的に、目を離したらすぐにどこかへ行ってしまう自由奔放な女性は、どちらかといえばSタイプのため、持て余してしまいがちなのかもしれません。

料理の腕をみがこう

女性に大和撫子を求めるS男性は、料理の腕にも注目したりします。美味しく、しかも器への盛り付けも美しい料理を作れる女性は、S男性をノックアウトしやすくなるでしょう。

通常なら、積極的に手料理をふるまうのは、家庭的アピールをしすぎるためNGとされますが、ことS男性の場合は、良い方向にもっていける可能性も高いようです。
同じく鞄やお財布の中身も整理し、清潔で片付けのできる女性であることをアピールしたいものです。

初対面ではひかえめに

S男性は、真性であればあるほど、M女性を見抜く目をもっています。とくに相手と目を合わせられない女性はM度が高いため、すぐに発見するようです。
出会ったばかりで最初からペラペラ話せる女性に、Mタイプは少ないため、口数は少なめのほうが良いかもしれませんね。

また言葉づかいも大切なポイント。今時めずらしいくらい、丁寧でしっかりとした日本語が話せる女性にSな男性は強く惹かれます。さりげなく正しい敬語を使えると、なお評価アップです。

男性を立てる!

S男性に好かれるために何よりも大切なのが、男性のプライドを尊重し、上手に立ててあげられることです。最近の女性はこれが苦手なため、Sな男性はガッカリしているのだとか…。出しゃばりすぎず、女性らしい態度を大切にしましょう。

さらに、普通は敬遠されがちな「ちょっと情緒が不安定なタイプ」が好きなS男性も中にはいます。S性は父性とも強く結びついているため、完璧に自立した女性よりも、幼児性が残っていたり、「保護欲求」を感じられるほうが魅力的のようです。

もちろん程度によりますが、一見きちんとしていているのに、深く付き合うと弱さを持っている、そんな女性を目指してみるとSな男性に好かれやすくなるかもしれませんよ。

人気の記事

  1. 屋久島や桜島など、とても強力なパワースポットを擁す鹿児島県は、やはりとてもパワフルなムードが立ち込め…
  2. 秋田県は東北地方でも有数の米どころです。そして海に行けば魚や貝が手に入り、山に行けば山菜が取れ、こと…
  3. 別れた彼と復縁したい、そう願う女性が非常に多くいます。ほとんどが彼にフラれた場合だと思いますが、中に…
PAGE TOP