彼氏のお父さんに好かれる方法

お母さんと比べると、あまり会う機会はないのが彼のお父さん。でも結婚を考えているとしたら、いずれお付き合いする関係になります。特に厳しそうなお父さんの場合、良いお嬢さんを演じるほうが気に入ってもらいやすくなるでしょう。

星一徹タイプのお父さんには「古風な女」で!

いかにも昭和の男!のようなお父さんだったら、今時の若い女性にはおおむね批判的な目を向けています。「言葉づかいが悪い」「服装も派手すぎる」「態度もだらしない」などなど、文句をつけたいところがいっぱいです。

彼から、「うちのオヤジこわいんだよね」と聞いているならば、できるだけお嬢様然としたファッションで、口数少な目に接したほうが安全です。聞かれたことには丁寧な言葉で答えるけれど、あとは黙っていたほうが余計な印象を与えずに済むでしょう。
できればお母さんの台所仕事も手伝う姿勢を見せれば、より好印象となります。

お父さんの趣味に興味をしめそう

仕事をリタイアして、ある程度の余裕があるお父さんの場合、自分の趣味をもっていることが多いでしょう。特に旅行が好きなお父さんだったら、チャンス。「この間○○に行ってきたんだよ」と聞いたら、ぜひ「いいですね~。写真見たいな」と言ってみましょう。お父さんはかならず喜んで見せてくれます。ついでにビデオ観賞会へとなだれ込む可能性もありますが…。

庭づくりが好きなお父さんなら「いつもお庭ステキですね」と言えば、草花を紹介してくれるかもしれません。料理の好きなお父さんなら、ぜひその腕を褒めましょう。普段、若い女性に興味をもって話を聞いてもらうことの少ない世代だけに、きっと喜んでくれるはずです。

結婚反対のお父さんには根気よく

もしも相当に厳格なお父さんで、2人の結婚にいちゃもんをつけているような場合は、すぐに許可を得ようとせず、長期戦の姿勢でいきましょう。家柄や年齢などで反対されているのなら、そのこと自体はどうしようもないため、あとは自分の良さを分かってもらうことしかありません。

そのためには、まず彼に優しく接することが大前提となります。自分の息子を尊重せず、あごで使っているような女性を嫁に迎えたいお父さんはいないでしょう。「この子は息子を大切にしてくれるな」「しっかり支えてくれそうだ」と思ってもらえるように、態度でアピールし続けることが一番です。

実際、何年もかけて認めてもらったカップルもたくさんいます。ムリに媚を売ることはありませんが、「そんな分からず屋のお父さんなんて放っておこうよ」と思わず、いつかは認めてもらおうと思う気持ちをもつのが大切です。

人気の記事

  1. ダメ女を見分ける方法
    いくら可愛くても、ダメな女というのは確実に存在しています。容姿だけに惑わされて付き合い、後からその実…
  2. 千葉県は気候が温暖で、昔は豊かな自然を持った朴訥な雰囲気のある土地でした。今では開発が進んで東京の副…
  3. 山形県は、その名前の通り山深い土地です。今の日本ではもうかなりめずらしくなった長閑な自然がたっぷりと…
PAGE TOP