男性をドキッとさせる方法

恋の始まりは「ときめき」から。それは男性でも女性でも同じです。ドキッ、とすることが恋心へと発展していきます。
思わず男性をドキッとさせるテクを身につけましょう!

屈託なく褒めてみる!

日本という国ではとくに、人に惜しみない賛辞を送ることがそれほど一般的ではありません。欧米などでは「ブラボー!」「ワンダフル!」などと言ったりするように、有能な相手は称賛することが普通です。恋する女子は、その点だけは欧米化してみましょう。

普段、褒められ慣れしていない男性にとって、女性から「○○さんってすごい!」と言われることは、素直にドキッとするものです。とくに「具体的に褒める」ことがオススメ。どんなに些細なことでも可です。たとえば「唇の形がいい」「髪の毛がサラサラ」「声がしぶい」「計算が速い」…何でも良いでしょう。
不自然にならないよう、さらっと、そして屈託なく褒めることがポイントです。下心を感じさせてはNGです。

スキンシップはさりげなく!

体に触れればドキッとさせられる、それは確かにそうかもしれませんが、一歩間違えると「…商売女か?」と思われてしまうリスクも。スキンシップをとり入れるなら、あくまでさりげなく、軽く、が鉄則です。

たとえば笑いながら肩に触れる、落ち込む男性の背中をなでなでしてあげる、顔についたゴミや食べ物をとってあげる、など。下品にベタベタ触らないよう、「一瞬ちょっとだけ」を心がけましょう。

良い匂いを身にまとう!

嗅覚も大切なポイント。ふと近づいた瞬間にフワッとただよう良い香りに、ドキッとする男性は多いでしょう。
ここでも「さりげなく」が大切です。香水はとくに、本人がその香りの強さに気づかないことも多いため、決してつけすぎないように注意したいところです。

「彼女のそばに行くとプンプンしてくる」のは、つけすぎ。接近した時に分かるくらいでちょうど良いものです。また香水のほかに、髪の毛の香りも重要。シャンプーの香りは、男性が思うほど長続きしないため、スタイリングの時に使用する「洗い流さないトリートメント」などが良いですね。

ギャップを演出する!

人がドキッとしやすいシーンとして「見た目とのギャップ」「普段とのギャップ」を感じた時、というものがあります。
これまで明るいキャラだった女性が、ある日落ち込んで泣いていたり、弱さを見せた時。または有能なビジネスウーマンが、お茶目な素顔をのぞかせた時、などなど、ギャップを上手に使うことができれば、彼をドキッとさせられるでしょう。

どんな方法も、不自然、やりすぎは禁物。ナチュラルに彼をときめかせてみましょう!

人気の記事

  1. モテまくってうんざりしている、そんな贅沢な悩みをお持ちの女性もたくさんいることでしょう。しかし男性か…
  2. 好きになった彼は無口だった。そんな時、こちらも同じように黙っていては何事も起こりようがないかもしれま…
  3. 鳥取は中国地方にある県の1つで、本州でもかなり自然に恵まれた土地として知られています。特に砂丘は全国…
PAGE TOP