男性からアタックさせる方法

生物界の自然の流れとして、やはり「男性から女性を追いかける」のがもっともうまくいくパターンになります。どんな手を使ってでも、結果的に男性にアタックしてもらうことが大切。そのためのトスを上げるのが女性の役割です。

まずは「近づきやすい雰囲気」づくりから!

女性も、さまざまな男性をながめてみると「話しかけやすそうな人」と「そうでない人」がいることに気づくでしょう。優しそうな人、穏やかそうな人には気軽に近づけますし、怖そうな人、個性的そうな人は避けると思います。

それは男性側も同じ。まずは何といっても、男性が声をかけやすい女性になることが大切です。女性らしい柔らかな雰囲気を作り、優しい笑顔を絶やさないだけでも、男性にアタックされるチャンスは格段に増えるでしょう。また個性的すぎるファッションやメイクより、無難な線をねらったほうが近づきやすいのは、逆の立場に立ってみると分かりますね。最初からとがりすぎてしまうと、人は本能的に「近づいてはいけない!」と判断してしまいます。

下心ではなく興味をしめそう!

男性も、よほど自分に自信がある人でない限り、「少なからずこちらに好意がある!」と思える相手じゃないと、なかなかアタックできないものです。ある程度の可能性を確信してこそ、アプローチできるといえるでしょう。

そこで女性がするべきなのは、自分からガンガン迫るのではなく、トスを上げてあげること。話を楽しそうに聞いたり、よく笑ったりするだけでも「可能性がある」と男性は感じます。あまり緊張しすぎず、自然に好意をしめしましょう。

しかし「下心」は気づかれてはいけません。狙うべきは「男として好き」ではなく「人間として好き」ということ。仕事や趣味の話をなるべく中心として、「下心はないけれど、あなたに興味がありますよ」というラインを目指すのがもっとも確実です。

ほどよい「隙」を作ろう!

それほど美人じゃないのに、なぜかモテる女性の特徴に「女としての隙がある」ことが挙げられます。ただし隙だらけだと男性に軽く見られてしまうため、調節が大切といえるでしょう。明らかに都合のいい女にされそうな時にはしっかり「NO」を言える強さも必要です。

しかし基本的には、どちらかといえば「ほんわか」したムードをただよわせ、「話しかけたら笑顔で答えてくれそう」「努力すれば手に入りそう」と思わせましょう。ツンとしていたり、やたら身構えていたりする女性は、どんなにキレイでも男性は近寄りにくいもの。女スイッチを入れて、魅力的な隙のある女性を目指したいですね。

人気の記事

  1. スキーデート
    冬場のデートには、やはりスキーが最適ではないでしょうか? 近頃恋人と遊んでもまったく楽しくない…とい…
  2. 恋愛に興味がないわけじゃないのに、なぜか彼のできにくい女性たちがいます。しかも外見も全然悪くない女性…
  3. 不機嫌な男性
    自分のミスで、彼を機嫌悪くさせてしまった!もしくは、何か分からない理由でピリピリしている!そんなケー…
PAGE TOP