20代男性

20代男性を落とす方法

20代の男性を落とすためには、「イマドキ男子」の傾向と対策を理解するのが吉。もちろん彼によってキャラはさまざまですが、全体的に「自立した女性」を求める風潮が高まっているようですよ。

ベッタリ、重い女子は敬遠

時代は変わり、「俺がお前を守ってやる!」という男気のある男子は、たしかにこのところ減っているようです。でもそれは、男子が勝手に弱くなったというよりは、時代や社会による影響も無視できません。
気づいた時には強い女性であふれかえっていた日本に生まれ育った彼らは、むしろ「俺が俺が」というより「男女は2人で力を合わせて生き抜くもの」という考えをもっています。

そんな20代男子は、ベッタリと寄りかかってくるような女性よりも、ともにこの時代をサバイバルできるパワーのある女性を求めているようです。可愛く甘えるのは問題ありませんが、「あなたについていきます」「あなた色に染めてください」のような一昔前の女性キャラはやめて、自立した女性を目指しましょう。

経済的にもある程度自立を

長引く不況、というよりも既に世界全体が「一部のお金持ちとそれ以外」に分かれている今、多くの男性たちが金銭的にシビアになってきています。とくに生まれた時からバブルが崩壊し、不況不況といわれ続けてきた20代男子にとって、「私は結婚したら絶対専業主婦になりたいの」「デート代は男が払って当然でしょ?」という女性は「俺にはムリ!」。もはやそんな時代ではないようです。

よほど経済力に自信のある一部の男性を除き、普通の男性と付き合うなら、あなたも経済的にある程度自立していたほうが良いでしょう。とにかく「寄りかかろう」とするのはNG。そのかわり、イマドキ男子は結婚後、家事や育児に参加してくれる人が多いものです。

ダメ出しはひかえよう

女性がパワーアップして頼もしくなったのはいいけれど、それにしたがって平気で男性を傷つける女性も残念ながら急増しています。面と向かってバカにする、キツいダメ出しをしてしまう。今、女子会をのぞいてみると、まるで魔女会議のように男性を批判しあっている会話も多く聞こえてきます。

草食男子とか、アニメのヒロインに走ってしまう男性が増えたのには、もしかしたらそんな背景も関係しているのかもしれません。いくらイマドキ男子でも、男は男。プライドの生き物ですので、あまり真っ向から批判するのは慎みましょう。
可愛い彼女でいれば、相手もカッコいい彼氏でいてくれるもの。男女は鏡のような存在。女の怖さをまざまざと見せつけないよう、優しく接することが大切です。

人気の記事

  1. 秋田県は東北地方でも有数の米どころです。そして海に行けば魚や貝が手に入り、山に行けば山菜が取れ、こと…
  2. 束縛といえば女性のほうがするイメージが強いですが、中には束縛男子もいます。やることなすことすべてチェ…
  3. DV(ドメスティック・バイオレンス)は実際に手を上げるだけではなく、言葉による暴力や過度の監視、お金…
PAGE TOP