年下男性

年下彼氏とうまく付き合う方法

年下男性と付き合う女性は、一昔前に比べて非常に多くなりました。とくに最近の若い世代では「べったり寄りかかってくる年下の女の子よりも、自立した年上女性に甘えたい」男子が急増中です。
でも、恋愛する以上はあまりあなたがリードしすぎるのも問題。うまくバランスをとって、年下男性とうまく付き合いましょう。

「若さ」にこだわらない!

とくに年齢差がけっこうある場合、女性が犯しがちなのが「若いっていいわね」「私はもう若くないから…」などのネガティブ発言。せっかく年上のあなたを好きになったのに、若さにこだわったり、いじけたような言動をとっていると、彼はガッカリしてしまいます。

冗談っぽく「最近の若いもんは~」と言う分には笑ってもらえますが、真剣に若さに固執しないように気をつけましょう。同じく「あの子、まだ若いから」などの批判も立派なオバサン発言です。

彼を「下」として扱わない!

彼を僕ちゃん扱いしないことも大切です。よほどSM的な関係なら別ですが、普通のカップルの場合、彼があなたに甘えて頼り切ってしまい、ダメ男になってしまう可能性があります。
いくら年下でも、男は男。「大事なところでは俺がリードする!」くらいの気概がないと、おかしな関係になってしまうでしょう。

デート時の支払いも、彼が学生であなたが社会人などの場合を除き、「いいからいいから、私が払うわ」と前に出過ぎないほうが吉。彼はすっかりそれが当たり前のことと認識し、後から変わることは難しくなります。

大人の余裕を大切にする!

彼と同年代、または年下の女性と張り合ったところで意味がありません。彼女たちにはない魅力をアピールすることが、彼を夢中にさせる最大のコツといえます。

たとえば、男友達の集まりに顔を出したがらない。彼を自由にしてあげる。忙しい時は放っておける。ちょっとしたミスを責め立てない。これらは若い女性には、なかなか難しいことです。やはりある程度の経験を積んで、男心を学んでいないとできないことでしょう。

とくに付き合うと束縛したがる女性が多い中で、彼を泳がせてあげられる女性は価値が高くなります。「やっぱり年上は違うな!」と思ってもらえるようにしたいですね。一番ダメなのは、年齢だけ重ねておいて、精神的には若い時のまま変わっていない女性です。

卑屈にならず、立場的に上に立たず、大人の余裕をアピールする。この3つを大切にすれば、年下彼氏と仲良く付き合っていくことができるはずです。

人気の記事

  1. 生物界の自然の流れとして、やはり「男性から女性を追いかける」のがもっともうまくいくパターンになります…
  2. 最近では、女性からのプロポーズで結婚するカップルも普通になりました。しかしその後の結婚生活で末永く愛…
  3. 合コンで嫌われる男性の特徴
    合コンは男性にとって勝負の場です! 普段はだらしない男性でも髪型も整えて、着飾って、万全の状態で臨む…
PAGE TOP