束縛する彼女を説得する方法

束縛する彼女を説得する方法

束縛がきつい女性と付き合って困っている、という男性もたくさんいると思います。自由な行動を制限されることは、とても面倒で鬱陶しいことですよね。仕事中にもメールが来たりして、常にその対応に追われる…そんなことを続けていれば、いずれ社会生活も破綻してしまいます。うまく彼女を説得して、きわどいシーンを避けましょう。

メールの回数を決める

一日にメールは○○通まで、というように、あらかじめ数を固定しておきましょう。ついでにメールをする時間帯まで決めておくと、メリハリがつきます。しかし彼女の機嫌を損なわないためにも、この数と時間は必ず守るようにしてください。それから、ときどきはこの制限を超えて、サービスとしてメールを送るようにしましょう。お昼にいきなり、「好きだよ」と送るだけでも、相手に驚きを与えることができます。

電話についても、同じように頻度を決めておくといいでしょう。毎日30分話すよりも2日に1回、1時間話す方が内容も濃くなります。彼女には、「その代わり土日にはたくさん話そう」と言えばOKです。そういう条件を出せばさすがに彼女も応じてくれるはずです。

デートのときには

束縛が強い彼女とのデートには、力を入れなければなりません。マンネリ化したデートばかりしていると、彼女に不満が溜まり、日々の束縛が余計に強くなってしまいます。デートではきちんと毎回新スポットに足を運ぶ、また必ずベッドを共にするなど、彼女の精神・肉体をどちらも満足させてあげなければなりません。十分気をつけましょう。

ケータイはクリーンに保つ

また、デートのときに彼女からケータイを見せてと言われることもあります。拒否するとまた「浮気したんでしょ」「後ろめたいことでもあるの」という邪推を受けることになります。もしエロ動画や画像を溜めていたり他の女性とのメールや電話の履歴が残っている場合はデートの前にきちんと消去して、快く彼女にケータイを見せられる状態を作っておきましょう。

「束縛」とは、その人を愛する心が少し歪んだ形で表出してくることです。しかし彼女があなたに強い思いを寄せていることには変わりがありません。面倒に感じることもあるかもしれませんが、「幸せなことだ」と考え直して、前向きに付き合っていきましょう。

人気の記事

  1. 川端康成が名著「伊豆の踊り子」を書いた静岡県は、その小説の中でも描写されている通り、とても静かでのど…
  2. DV(ドメスティック・バイオレンス)は実際に手を上げるだけではなく、言葉による暴力や過度の監視、お金…
  3. スポーツを始めよう、と思っている男性もたくさんいることでしょう。確かに運動をすることは細胞を内側から…
PAGE TOP