デートで男性におごってもらう方法

デートで男性におごってもらう方法

「デートでは、できれば男性におごってもらいたい…」ひそかにそう思う女性も多いようです。一昔前なら普通のことでしたが、今では男女平等、そして不況の世の中。デート代は割り勘も一般的になってきました。
すべておごってもらうのはムリだとしても、たまには男気を出してほしい。そんな女性は、男性心理をうまく活用しましょう。

最初から「いい人」になりすぎない

女性の中には、彼の懐具合を気にし過ぎて「いいよ、私も払うから…」とついつい言ってしまう人もいます。それはもちろん、場合によっては正しいことですし、親切でもあるでしょう。しかし、とくに付き合い始めにそれをやりすぎてしまうと、彼は「彼女とのデートでは割り勘でOK」と頭にインプットしてしまいます。

恋愛は最初が肝心。割り勘でスタートした仲が、後から変わることはまずありません。「たまには払ってよ」と言うと「えー!?」と驚く彼氏も。
よほど貧乏な彼じゃない限り、できるだけ最初のころは言葉に甘えておごってもらいましょう。そこでいい人になりすぎると、後々自分が不満たらたらになってしまいますよ。

「男らしい人」を選ぶ!

そもそもの相手選びも重要。男女平等の世の中に毒されてしまい、男としての気概をもたずに育ってしまった人も、とくに若い世代にはたくさんいます。悪気があるのではなく、単純に「男らしい生き方」を誰にも教えてもらえなかったためです。

そんな中で、どんなに若くても「俺が払うよ」と言ってくれる男性は、今時、希少価値。見つけたら絶対に離さないようにしましょう。そして、そんな彼と付き合い続けるためには、あなたが女性らしくあることが欠かせません。おごってもらうだけもらっておいて、彼の男らしさをダメにするような言動を繰り返していては、いずれフラれてしまうでしょう。

「感謝の気持ち」をつねに伝えよう

男性はもともと、女性に「ありがとう」と感謝されることが生きがいの生き物、といっても過言ではありません。太古の昔から、獲物をつかまえて家に帰ってくることで、女子供の役に立つことが男の役割だったはずです。

そんな本能を大切にするために、女性は男性のサービスに対してつねに反応しましょう。お茶一杯でもおごってもらったら「ありがとう!」。プレゼントをもらったら「ありがとう!嬉しい!」。切れた電球を換えてくれただけでも「ありがとう!さすが男の子!」。

大げさでもかまいません。男性は称賛されることで、男としての自信をはぐくみ、もっとあなたの笑顔を見たいと努力するでしょう。
そのほうが「私も払います」と遠慮するよりも、実は男性にとってうれしいことかもしれませんよ。

おごってもらえる女性になるためには、卑しく計算するよりも、女らしく、相手の男らしさを尊重してあげるのが一番です。

人気の記事

  1. 頭が良くて、クールな女性と付き合いたい。男性ならば誰しもそんなことを考えたことがあるのではないでしょ…
  2. スポーツを始めよう、と思っている男性もたくさんいることでしょう。確かに運動をすることは細胞を内側から…
  3. 知的で「できる」男に思われたい、そんな風に考えている方もいらっしゃることでしょう。世間では草食系がモ…
PAGE TOP