合コンでジェネレーションギャップを感じさせない会話術

年の離れた男女と合コンをする機会もあるはずです。特に年上の世代にとっては、若い人たちの話題についていくのはかなり難しいものです。だからといって自分の得意するトピックに引き込もうとすると、今度は反対に相手を置いてけぼりにしてしまいます。「ジェネレーションギャップ」というものが出始めると、会話も気づまりになってしまいます。

場の空気を盛り上げていくためには、この「ジェネレーションギャップ」を上手に避けることが大切です。どんな世代とでもうまく話せように、次に挙げるような会話術を使ってみましょう。

死語には気を付ける

代表的なもので言えば、「コギャル」などの言葉はもうとっくに死語になっています。そういうワードを使う文脈もほとんどないため、そんな典型的な失敗をすることはないはずですが、もっと「微妙な死語」というものもあります。たとえば「マジ」とか「フリーター」という言葉は、「ガチ」「ニート」という風に変化しています。一度や二度の使用ならば不自然ではありませんが、あまり多用すると奇妙な顔をされるかもしれません。

あまり今風の言葉も避ける

死語を避けようとして、今風の言葉を連発するのも考え物です。上の例で言うと、「ガチ」というワード。これをあまりいい大人が使いまくるというのは、ちょっとバカっぽい印象を与えてしまいます。大人には大人の喋り方があるはず。力を抜いて、普通に話せばOKです。いくら若くても、相手は宇宙人ではありません。同じ国に生きている同胞です。あまりに時代がかった表現をしない限り、変な顔をされることなく、話は流れていきます。

平均的な言葉遣いをする

言葉は時代と共に変化していくものですが、本質的な部分はあまり変わることがありません。あなたが思う、平均的な日本人の喋る言葉を思い浮かべながら、それを忠実に模倣して喋れば問題ありません。あまり若い世代に合わせようとして語尾を飾ったりする方がよほど痛々しくなってしまいます。場の雰囲気に流されず、普段通りに喋りましょう。

お酒を飲むと気が緩み、とうとうと昔話を始めてしまう人もいます。若者にとってはその手の話はただ退屈なだけ。話題の選択にだけ細心の注意を払えば、後はただナチュラルに会話するだけでOK。「リラックスすること」これがジェネレーションギャップを避けるための最大にして基本的なコツです。

人気の記事

  1. 社内に気になる女性がいる、でもうまく発展できない…そんなことに悩んでいる男性も多いと思います。仕事を…
  2. 鳥取は中国地方にある県の1つで、本州でもかなり自然に恵まれた土地として知られています。特に砂丘は全国…
  3. 甲信越地方にある新潟県は、日本でも有数の米どころとして知られています。よく間違われますが、新潟は決し…
PAGE TOP