彼氏のお母さんに好かれる方法

彼氏のお母さんに好かれる方法

将来、姑になるかもしれない彼氏のお母さん。できることなら気に入られて、穏便にやっていくのが一番です。
中にはどんな女性をつれて行っても気に食わない意地悪なお母さんもいますが、一般的に好かれるための基本姿勢は身につけておきましょう。

優しい普通のお母さんの場合~礼儀正しく人なつこく!

穏やかそうなお母さんなら、非常にラク。よほど行儀悪くしなければ嫌われることはあまりないでしょう。とはいえ、気を緩めすぎてだらしなくなっていいわけではありません。礼儀正しく、「普通のお嬢さん」然としているのがもっとも確実です。

それでいて、何度か会う機会があるなら徐々に打ち解けていく努力も必要。いつまでも借りてきた猫のようにしているのは、あなた自身も疲れますし、実はお母さんのほうでも寂しいかもしれません。相性もあるためムリにべったりすることはありませんが、人なつこくふるまうことは、基本の礼儀正しささえあれば、むしろ好かれることも。
とくに息子ばかりで娘のいないお母さんの場合、「娘ができたみたい」と喜ぶこともあるようです。

怖くて厳しそうなお母さんの場合~礼儀正しくお手伝い!

「明らかにこの人厳しそう」、そんなお母さんが相手の場合、できる範囲でキチンとするのが一番です。そして、たとえ断られてもいいので「台所お手伝いしましょうか?」と一言をかけることも大切。さりげなくお片づけを手伝ったりと、気の利くところをアピールできるといいでしょう。

また媚を売らない程度に、お家のことを褒めるのも一つのテクニック。とくにお母さんがこだわりを持っていそうな箇所をピンポイントで褒めると、印象が良くなり、打ち解けやすいかもしれません。園芸が好きなお母さんなら「キレイなお庭ですね。あれは何ていうお花ですか?」料理が好きなお母さんなら「このお料理本当においしい。どうやって作るんですか?」など、素直に称賛することはマイナスにはならないはずです。

彼氏が伝書鳩にならないために~お母さんや家族の悪口はNG

彼氏のお母さんとうまくやっていくためには、まずは彼氏を味方につけることから。気を許して、彼の前で「あなたのお母さんって厳しそう」「私、嫌われてるみたい」なんて話してしまうと、彼によっては直接母親に告げ口する「伝書鳩」になってしまう可能性も。

基本、彼は向こうのお家の人。何より自分の家族を悪く言われるとムッとするものですし、何の悪気もなく「彼女こう言ってたよ」と暴露することもありえます。油断せず、彼氏の前でお母さんのマイナス話題を出すことは徹底的に避けましょう。逆に「いいお母さんね」と言えば、それも伝わるものです。

もちろん、あなたがどう努力してもダメなお母さんもいます。そんな場合はムリに打ち解けようとしてもムダですので、程よい距離感を保ちながら、無難にお付き合いしましょう。

人気の記事

  1. 岩手県は東北地方に位置する県で、近隣の他県と同様に冬はとても冷え込む街です。街の開発も進んでいますが…
  2. 束縛といえば女性のほうがするイメージが強いですが、中には束縛男子もいます。やることなすことすべてチェ…
  3. お母さんと比べると、あまり会う機会はないのが彼のお父さん。でも結婚を考えているとしたら、いずれお付き…
PAGE TOP