妻と離婚する方法

妻と上手に離婚する方法

結婚生活がうまくいかなくて、離婚を考えている…そんな男性もとてもたくさんいることでしょう。近年は日本の結婚観もずいぶん欧米化してきて、離婚が当たり前のようになってきています。

バツが社会的地位を下げることもあまりありません。夫婦関係に無理を感じれば、ずるずると生活を続けるのはやめ、あっさりと離婚してしまいましょう。

戦略的に行こう

しかし女性とうまく別れるためには、テクニックが必要なことも確かです。女性にとってはバツは大きな痛手になります。子どもがいれば、余計にそうです。離婚を切り出すときには、女性の心情にも十分に配慮しなくてはなりません。注意してくださいね。

別れたい、とストレートに告げる

身も蓋もないことではありますが、別れたいときは、その感情を率直に表現することが大切です。「なんか最近、もう疲れてきたんだけど…」というような曖昧な言い方をするとぐだぐだとした関係が長続きするばかりで、双方にとって良いことが一つもありません。

理由は後で補足するとして、まず「離婚しよう」ときちんと最初にあなたの意思を表明してください。離婚を前提に話を進めなければ、むだな議論ばかりが増えて夫婦生活がより険悪になるばかりで、いつまでも別れることができません。「結論から最初に述べる」、恋愛関係においては、たとえ離婚のシーンであれ、この原則を守ることが大切です。

お金のことはきちんと話す

もしあなたに何か責任がある場合は、慰謝料はきちんと払うようにしてください。その面をケチって離婚を切り出しても、女性としては生活がかかっていますから、決して承服することはありません。子どもがいる場合は、養育費についてもいくら払えるかを最初に明らかにしておきましょう。「自由」を買うために、これらは必要経費と考えるべきです。

初めからしっかりとお金のことを話しておくと、円満に離婚できる確率も上がります。離婚はとてもストレスのかかる作業です。少しでも精神的な負担を減らすためにも、ケチなことを考えてはいけません。お金のことで揉めると、事態は泥沼化するばかりです。

離婚は今ではめずらしいことではありません。愛を感じられなくなった相手とは早々に縁を切る…これも1つの「愛」の形と言えるのではないでしょうか?

人気の記事

  1. 四国に旅行に行くなら、徳島県をおすすめします。特に恋に悩んでいる人にはとてもおすすめ! 恋愛系のパワ…
  2. 20代男性
    20代の男性を落とすためには、「イマドキ男子」の傾向と対策を理解するのが吉。もちろん彼によってキャラ…
  3. 山形県は、その名前の通り山深い土地です。今の日本ではもうかなりめずらしくなった長閑な自然がたっぷりと…
PAGE TOP